どんどんと不満が溜まったWiMAX

インターネット回線引き込み工事で自宅に雨漏りが起こってしまったこと、自宅に回線終末装置その他はいろいろな装置やケーブルが多く、うっとうしかったことでケーブルがいらない、持ち歩きができるモバイルルーターに魅力を感じました。

 

家電量販店エディオンで回線契約して、クオルネットと言うプロバイダーと契約しました。

 

タブレット式パソコンと同時購入だったので、モバイルルータの端末代金を1円、エディオンカードでの支払いで月に300円基本料金から割引がありました。

 

2012年くらいからタブレット端末で外出先でも好きな時にインターネットができる環境になったのがよかったです。

 

WiMAX2の最安値はこちら

 

ルーターのバッテリー消耗に関してあまり不満は持ちませんでしたが、立ち上がりの遅さにとてもイライラして使用していました。
さらに通信状態は愛知県内の多くの場所で中レベルの黄色しか点灯せず、青色を見たのは関東に行った時だけでした。

 

2013年頃からは、個人的な感覚として通信速度がさらに下がったような気がしました。
YouTubeが時間によって何とか見れたものが、ほとんど見れなくなるようになってきたこと、Wowowオンデマンドサービスは3秒でも見ることができませんでした。

 

クオルネットのカスタマーセンターは、2回ほど電話をしましたが、20代前半の若い男性が応対し相手を思いやる気持ちのないままの対応だったので非常に不快感が残りました。

 

私は2014年に解約しました。スマホのテザリングと公衆Wi-Fiで外出先でのインターネットも問題なくできる環境環境になりメリットが全くなくなったためです。